岐阜県大垣市

発句

蛤のふたみにわかれ行秋ぞ

はまぐりのフタと身がわかれるように、親しい人たちと別れて二見に向かう。秋も過ぎようとしている。

露通もこの港まで出迎え(にきており)、美濃へと一緒に行く。馬に支えれて大垣の荘園に入ると、曾良も伊勢から来て合流し、越人も馬を飛ばして、如行の家に集合する。前川子や荊口の親子、そのほかの仲の良い人たちも、日夜訪れてきて、まるで生き返った人に会うかのように、一方では喜び一方ではねぎらってくれる。旅の(疲れからくる)心の重さもまだ治まらないうちに、9月6日になったので、伊勢の神宮を拝もうと、また船に乗って(出かけるときに詠んだ歌)

季語

現代のロケーション

なりきり芭蕉へ 俳句をつくろう