富山県高岡市

発句

わせの香(か)や分入(わけいる)右は有磯海

北陸の豊かな早稲の香りに包まれて加賀の国に入っていくと、右側には歌枕として知られる【有磯海】が広がっている。

芭蕉らは、7月13日早朝、市振を出発した。新潟県 糸魚川市市振から富山県朝日町をへて、入善町に入った。ここでは馬の便が無く、人足を求めて荷物を運ばせたようだ。黒部川をはじめ黒部四十八が瀬の多くの川を越え、夕方、滑川に到着してそこに一泊した。この日は雨後晴、猛暑であった。 明くる14日は快晴、猛暑。朝、滑川市を出発して、富山には行かず、常願寺川・神通川・庄川を渡り、高岡市へと旅を続けた。猛暑のなかの強行軍であったため二人は疲労困ぱいした。この夜は、高岡に宿を取った。

季語

現代のロケーション

なりきり芭蕉へ 俳句をつくろう