福島県白河市

発句

卯の花をかざしに関の晴れ着かな

卯の花を髪飾りにすれば、まるで関所を超える(先人たちの)晴れ着のようだ。

「卯の花」はウツギの花、「かざし」は髪飾り、「関」は関所(白川の関)、「晴着」は礼服、よそ行きの衣装、をそれぞれ意味します。

季語

現代のロケーション

なりきり芭蕉へ 俳句をつくろう